FC2ブログ

PREV | TOP PAGE | NEXT

≫ EDIT

白の家の仲間たち展 パート1

美術展
白の家の仲間たち展がはじまりました。


美術展
美術展
美術展
「女の顔」 石井 真弓

美術展
「時を刻んだ手(水俣)」 石井 昭三

美術展
「うずくまる人」 大橋 雅子

美術展
「トルソ」 岩田 實之

美術展
「風の子」─輪回し─  大島 美枝子

美術展
「風の子」─跳ぶ─    大島 美枝子

美術展
「うずくまる人」 宮田 恵子

美術展
「鍬」 大島 美枝子

美術展
「八ヶ岳の地蔵さん」 佐々木 茂

美術展
「土のうつわ」 佐々木 牧

美術展
「橋のある風景」 冨田 憲二

美術展
「男子立像」 熊谷 榧

美術展
「ダンシング」 楜澤 禮子

美術展
「羽根のかたち」 上原 佳代

美術展
「黒のトルソ」 水野 久榮

美術展
「山 神」 久村 進

美術展
「GIGI」 新間 千代香

美術展
「瞑 想」 石渡 皓子

美術展
「ジュエリー」 池浦 宗子 油絵
「沐浴」 照井 利   「世界はいろんないろでできている」  山本 明良


美術展
「八ヶ岳と蓮の花」    熊谷 榧

美術展
「スターフルーツ」 大橋 雅子

| 美術展 | 23:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとう

大島博光記念館から千曲川の流れの際へと向かいました。流れを見つめるうち博光さんの”千曲川へおくる歌”を思いました。

友よ 友よ わたしが死んだら
灰になった わたしのひとつまみを
わがふるさとの 赤坂橋の上から
千曲川のながれに まき散らしてくれ

海へくだった鮭が さいごには
生まれ故郷の川へもどってゆくように
わたしも育った川に 帰ってゆき
そこに いつまでも漂っていたい

そして、此の詩を熱く語ってくれた、美術館スタッフの小林さん、博光の詩とともに深くわたしの心に刻まれ、響きました。
今回の大島博光生誕100年記念の「美術展」本当にありがとうございました。

| REIKO KURUMISAWA | 2010/09/28 15:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://restaurant886.blog105.fc2.com/tb.php/33-5a7c52c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT